足つぼ 自立健康法 日の出足心法院
足つぼ 自立健康法 日の出足心法院のブログです。自分の足もみをして元気になりましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「足もみに出合い、子宮筋腫から救われた」……加藤日出子体験談1
漢方も手術も全部やめ

官足法にかける

9年前、私は子宮筋腫という病気を患いました。
そのときは本当に辛かったけれど、でもそのおかげで、官足法という人に頼らず、
自分で自分の健康を築ける素晴らしい健康法を知り、
それが私の生涯の仕事となりました。
そのいきさつをお話したいと思います。

9年前の私は不正出血が続き、ひどいめまいがして心臓も痛くなり、
検査を受けると子宮筋腫と診断されました。
医師に「子宮と卵巣の摘出手術をしてホルモン治療をすれば治るよ」と
いわれましたが、要らない臓器などないはずですから、手術は絶対にいや。
ホルモン療法も受け入れられず、漢方他さまざまな代替療法や
民間療法を試みることにしました。

そんなおり、ある方から「だまされたと思ってやってみなさい」と
すすめられたのが足もみです。
この方の知人は、足をもんだらすい臓がんが消えてしまったのだそうです。

この話を信じてそれから1年、真剣に足をもみ、
並行して漢方などありとあらゆることを試しましたが、
好結果か出るどころか筋腫はどんどん成長。
医師から10センチになったら摘出といわれていたのですが、
ついに9.6センチとなり、手術日まで決められてしまいました。
当時の状況といえば、不正出血が止まらず、赤血球は通常の3分の1、
立つとフラフラして顔色は真っ青でした。

しかしそれでも私はあきらめませんでした。
実際に官足法の施術を受けようと本の巻末に載っている指導者に
片っ端から電話をかけると、現在施術を行っていないという方が多く、
ただひとりOKだったのが官先生の門下第1期生である坂上啓一先生です。
私は電話を切ってすぐに先生のもとに駆け付け施術を受けました。

坂上先生の施術はものすごく痛く耐えるのがやっとというものでしたが、
施術後は頭がスカッとし、目がパッと開いた感じに。
体がとてもらくになり、出血まで減ったのです。
私がそれまで毎日していた足もみとはまるで別のものでした。
今までは足をなでさすっていただけ。これでは効果が出ないのですね。
先生から「100回さするなら1回ギュッと押せ」と強くもむことを
教えていただきました。

2へ続く
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。