足つぼ 自立健康法 日の出足心法院
足つぼ 自立健康法 日の出足心法院のブログです。自分の足もみをして元気になりましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交通事故からの復活    長瀞カヌースクール 田野まゆみさん
                           
 4年前、香港旅行で、足裏マッサージを体験した。帰国する時に、日本に帰国したら、「足ツボ探しなさい。悪いところが、たくさんあるよ。」と言われた。帰国して、友人に相談、「秩父に足裏あるかなぁ」「良い先生がいるよ。凄い、先生だよ!」すぐに予約をした。以前から、元気で健康には自信があったけれど、日の出足心法院 日出子先生にお会いすることになった。

日出子先生に、少し触っていただいただけで、「痛い~! 痛い~! あー!」なぜ、こんなに痛いのか?不思議!
「肝臓も、低下していますよ。胃も、膵臓も、子宮も、肺もね!」悪いところの、オンパレード。。。。汗と、涙で、顔はぐじゃぐじゃ。でも、身体は、ぽかぽか、頭すっきり。
「身体が全体的に冷えてしまって、機能が低下していますね。」と言われて、納得しました。私のお仕事が、カヤックのインストラクターなので、春から夏にかけて、川の中です。完全に、冷えています。さらに、アルコールが好きで、そんな生活環境のおかげで、日焼けもありますが、肝臓機能も低下していますから、顔の色が黒く、くすんで見える。本当は、不健康そのものでした。

でも、身体のメンテナンスには、気をつけていたつもりですが、こんなに痛いのは、初めて!
桐の棒、忍耐で、触ってもらい、押されると、気絶しそうに痛いところが、ポイント!クリクリしている場所を、ぐりぐり潰すと、プチッと潰れる。血液が、一気に流れ出す。最初は、週1回、解れるまで、通う。仕事も、ハードな時ほど、回数を増やして、通いました。2年間通ったお陰で、お肌もピカピカ、代謝率も良く、15歳も若く見られるほど、パワー全快でした。

ところが、2009年10月 最悪の出来事が起こりました。
自宅前で交通事故に、左踵の骨折、左リスランス関節脱臼、右けいこつ骨折、右ひこつ骨折、右頬陥没骨折、上あご骨折、骨盤ひび ドクターヘリで搬送、瀕死の重傷でした。車椅子生活。

回復するまでには、早くても1年、半年のリハビリ、傷も皮膚移植の可能性もありましたが、ドクターの話し合いで、自然の状態で、経過観察で、回復を待つ方向になりました。
リハビリ三昧、顔と身体全体の筋肉も、落ちてしまった。毎日、毎日、足を見つめて、ストレッチ、いい子、いい子と触れてあげると、足が、喜んでピカピカになる。不思議な経験、私自身が、生きて、元気な身体に戻ろうとしている。足裏のお陰かも。
理学療法士の先生にも、皮膚の状態も良くなってきて、「回復力が、早い」と言われた。
整形の先生には、ほぼ毎日のように、皮膚の状態をチェックしていただき、形成の先生にも、皮膚の状態と、左足の親指の状態を、エコーで確認して頂くと「血液が、先端まで流れていますね。良かったですね。」と言われた時には、血液が流れていなかったら、壊死していたら、切断の可能性もあったと、聞くと、急に涙がこぼれてきました。
助けて頂きました。ずっと足裏を揉んできて良かった。

5か月の入院生活から、復活!立ち上がれたことに感謝。退院して、すぐに、日出子先生の所に、涙があふれる思いでした。毎週通う日々でしたが、親指の先の部分もピンク色に、今は、月2回のペースで、日出子先生に施術していただきて、元気にさせて頂いています。

日出子先生、日の出足心法院のスタッフの皆様、私を助けて下さったすべての方々に感謝!ありがとうございます。

是非、私のように身体の機能が事故などで、免疫力が低下して困っていたら、知らせてあげて下さい。日の出足心法院、日出子先生。
元気になりますよ。必ず!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。